プラステンアップを飲んで背が伸びたという中高生が増えています。

大人になってももう少し背がほしい!と願う人たちが、このサプリに注目することもありますね。

さて、大人が飲んでも効果があるのでしょうか?全くないのでしょうか?

大人になるとどうして背が伸びなくなるのでしょうか?

☆プラステンアップは大人が飲んでも効果がある?

プラステンアップは中高生にむけた成長応援サプリです。

なので正直なところ、大人が飲んでも背が伸びるという期待はできないと思いますね。

栄養価が高いので、栄養補給に飲んでも問題ないかもしれませんし、大人でも少し背が伸びることがありますから、助けになるかもしれません。

しかし、大きな期待はできませんね。

成長期も終わった大人ですから、背が伸びる期待もそうできないというわけです。

ではプラステンアップは何歳まで効果があるのでしょう?

男の子で背が伸びる時期は12歳から18歳くらいまでといいます。

その後も少しずつ伸びることはありますが、大きく伸びるわけではありません。

ちょうど中高生の時にぐーんとたくさん伸びるというわけですね。

女の子はどうでしょう?

女の子は生理が始まると成長が止まるともいいます。

10歳から15歳くらいまでの間に一番よく伸びるのですが、生理が始まると、大きな成長も期待できなくなります。

☆大人になると背が伸びないのはどうして?

背が伸びるというのは、骨が伸びているんですね。

この骨の成長に関係して、骨端線というものがあります。

これは骨のつなぎめの部分にある軟骨のことです。

この軟骨の部分が伸びるので背が伸びるわけなのですが、これは思春期の間まであるだけで、それ以降はなくなってしまいます。

レントゲンをとると軟骨部分は黒く写り、これが骨端線が開いている状態です。

こうした状態のときだけ、骨が伸びる、つまり背が伸びるというわけなのです。

だんだんと大人になるにつれて、この骨端線は閉じられていきます。そうしてレントゲンで見た時にも、骨端線が見られなくなるのです。

そうなるともう背が伸びないということになるのです。

男の子だと17歳から18歳くらいまでこの骨端線があるといいます。一般的にはそうですが、個人差がありますね。

女の子だと15歳から16歳くらいまでと言われます。

この時期を過ぎると、やはり成長はストップするのですね。

大人にはこの骨端線がないので、背が伸びないというわけです。

大人になって後悔する前に、中高生の伸びる時期にしっかりと栄養を摂って背を伸ばしたいものですね。

公式サイトはこちら!

http://plus10up.com/

.